Yamaha

YAMAHA BSM-1450

  • Like
  • Tweet
  • +1
  • Pin it
  • Mail

YAMAHAはベルリン・シンフォニック・シリーズ・メイプル・コンサート・スネアドラムを発表した。

YAMAHAはベルリン・シンフォニック・シリーズ・メイプル・コンサート・スネアドラムを発表した。
この新製品は現在オースチンで開催されている2008パーカッシブ・アーツソサエティ国際コンベンションでデビューした。

BSMシリーズはベルリン・フィルハーモニック・オーケストラのフランツ・シンドベルベックとフランクフルトのヤマハ・パーカッション・アトリエによりデザインされた。BSM-1450は14×5インチ、BSM-1465は14×6.5インチの深胴タイプ。どちらのスネアも際立ったレスポンスと多目的性、そしてヨーロッパ的なダークなサウンドが特徴だ。

BSMスネアは特許のベルリン・コンビネーション・スネアシステムを採用しており、スナッピーは内側の10本がフォルテッシモ、外側の6本がピアニッシモ用でどのようなダイナミクスでも正確なレスポンスを得られる。

他の特徴は深さ1.8ミリのスネアベッド、ノイズがなくスムースなK-typeのストレイナー、Honey-typeラグ、6プライのメイプル・シェル等。

価格はBSM-1450が1,122ドル、BSM-1465は1,146ドル。
日本国内での発売は現時点では未定とのこと。

更に詳しい情報はwww.yamaha.comへ。
  • Like
  • Tweet
  • +1
  • Pin it
  • Mail

Viewers of this article also read...