Sennheiser HD 650
+
Sennheiser HD 650

HD 650, スタジオ・ヘッドフォン from Sennheiser in the HD series.

  • フォントサイズの変更
  • 削除する

Sennheiser『HD650』ミニレビュー

スタジオヘッドフォン比較パート 1
  • Like
  • Tweet
  • +1
  • Pin it
  • Mail

Audiofanzine 編集部が、計 5 種類のヘッドフォンをまとめてレビューした。最初の一本となるのがこの Sennheiser『HD 650』だ。レビューを担当するには、編集員である Los Teignos、Red Led、そして Will Zégal の 3 人である(名前はすべて Audiofanzine ホームページ上でのユーザーネームとなっている)。

編集員 Los Teignos の結論

Sennheiser HD650高域が弱すぎて、Audiofanzine に送られてきた品物が欠陥品だと思ったほどだ。何が問題なのかチェックしてみたが、残念なことにヘッドフォンは欠陥品ではなかった。リスニング・セッションの間ずっと残念に思っていたことは、この『HD650』は、例えばアタックのインスタンスやリバーブの残響音、その他の些細な信号といったミックス音源の大切なディテールを再生することができないという点だ。低域は悪くないが、この点では Ultrasone が大きなライバルとなっている。短くまとめると、プロフェッショナルなトラッキング、ミキシング、およびマスタリング環境での『HD650』の使用はお勧めしない。ホームシネマといった消費者レベルでの使用においては、きっとオーディオファンがコーヒーをすすりながら、その「深みある」ローと「シルクのように滑らかな」ハイを褒めちぎることだろう。内容も良く、同価格帯ではリファレンス・ヘッドフォンとなり得る『HD25』と異なり、この『HD650』ではポジティブな性能はほとんど見受けられなかった。そのパフォーマンスを考えると、『HD650』はあまりにも高すぎる。半値だとしても、価格相応のヘッドフォンとは言い難い・・・。

  • 素晴らしい外観
  • 堅牢なつくり
  • Sennheiser らしい太いローエンド
  • 付属品なし
  • イヤーパッド交換不可
  • 高域はどこへ?
  • ヘッドフォンを掛けていることを嫌が応にも意識させる重量
  • 価格不相応の内容

編集員 Red Led の結論

Sennheiser HD650

使用環境(トラッキング、ミキシング、マスタリング)に関わらず、このヘッドフォンはお勧めしない。『HD650』の装着感はかなり良好だが、高域のディテール再生力が低い。低域はましだが、Ultrasone ほどではない。とりわけ、周波数レスポンスの不均衡はあまりにも明白だ。

  • 聴いてて疲れない
  • 堅牢
  • ケーブルがスペアで別途購入可
  • 高域の再生力不足
  • 不均衡な周波数スペクトラル
  • イヤーパッドが交換不可
  • 価格相応の価値

編集員 Will Zégal の結論

Sennheiser HD650告白すると、このヘッドフォンがオーディオファンの間で何故にこれほど大きな成功を収めたのか、私には理解できない。Sennheiser のマーケティング力とその高い名声だけで、これだけの成功は得られないはずだ。実際、柔らかいサウンドと人間工学的なデザインは快適なリスニングを提供する。しかし、これだけの値段を払って手に入るのは、音楽スタイルによっては完全に「デッド」に聴こえるであろう「空気感」の不足、そしてダイナミクスの不足だ。このヘッドフォンがクラシック音楽ファンを惹き付けるとは思えない。ヘッドフォン自体はそれほどひどくはないし、ある程度ならその欠点に目をつぶって作業ができるかもしれない。例えば、あなたが今使っているモニタースピーカーが超低域を再生できないのなら、これでローエンドの微調整が行えるだろう。私自身が今まさにその状況にあるわけだが、それでもこのヘッドフォンをわざわざ使おうとは思わない・・・。これより遥かに優れたヘッドフォンが他に見つかるはずだ。

  • 五つ星の装着感
  • ソフトなサウンド(シルクのような滑らかさ)
  • ディテールが不明晰
  • 空気感の不足
  • 決定的なダイナミクス不足
  • 音楽がデッドに聴こえる

(ヘッドフォン・クロスレビュー第二弾はオーディオテクニカ『ATH-AD1000』を予定。)