Roland C-200
+
Roland C-200

C-200, オルガン from Roland in the C series.

ユーザーレビュー
Price engine
三行広告
フォーラム

[Musikmesse] Roland C-200 オルガン

  • Like
  • Tweet
  • +1
  • Pin it
  • Mail

Roland が、高品位なオルガン・サウンドをコンパクトに凝縮した 76 鍵ポータブル・オルガン『C-200』を発表した。

C-200』は、古楽器が持つさまざまな魅力を最新のデジタル技術で凝縮したポータブル・クラシック・オルガン。本体は 12kg と軽量でコンパクトなデザインながら 76 鍵盤を搭載し、ピアノとしても充分な音域を確保。鍵盤をスプリットして本格的な 2 段鍵盤のオルガンとしての演奏も可能となっている。さらに、足鍵盤 PK シリーズもケーブル 1 本で接続でき、スピーカーも内蔵しているため、どこでも気軽に持ち運んで演奏することができる。ローランド・クラシック・シリーズで好評の表現力豊かなオルガン・サウンドを中心に、チェンバロやフォルテピアノ、チェレスタ、そして様々なオーケストラ・サウンドまで、多彩な音色を内蔵。

主な特長:

  • ポータブル・デザインとシンプルな操作性を実現。
  • スプリットして 2 段鍵盤のオルガンとして演奏可能な 76 鍵仕様。
    足鍵盤 PK シリーズはケーブル 1 本で接続可能。(PK-7A:20 鍵/PK-25A:25 鍵)
  • ローランド・クラシック・シリーズ C-380/330 譲りの高品位でバリエーション豊かなオルガン音色を内蔵。
  • チェンバロなど、バロック・アンサンブルに最適な音色は専用ボタンで切り替え可能。
  • 古楽器特有の 4 種類のピッチと 5 種類の音律に対応。

詳しくはこちらから:http://www.roland.co.jp/products/jp/C-200/

  • Like
  • Tweet
  • +1
  • Pin it
  • Mail

Viewers of this article also read...