Native Instruments
記事
チュートリアル
三行広告
フォーラム

Native Instruments Maschine

  • Like
  • Tweet
  • +1
  • Pin it
  • Mail

Native InstrumentsはNAMMにてグルーヴ・プロダクション・スタジオの新製品 MASCHINEを発表した。

Native InstrumentsはNAMMにてグルーヴ・プロダクション・スタジオの新製品 MASCHINEを発表した。
MASCHINEはインストゥルメントとコントローラが一体となったハードウェアとソフトウェア・シーケンサーおよびサンプラーがセットになった音楽制作環境。5GBを超えるサウンドとパターンが付属する。


  • 直感的なシーケンサー、サンプラー、20 個以上の高品質エフェクトを搭載し、リアルタイム・コントロールとインスピレーションあふれるGroove Production Studio へのフレキシブルなルーティング

  • 16 個の高品質パッド、41 個のボタン、11 個のロータリー・エンコーダーを持つ専用コントローラで、プレイ、レコーディング、シーケンシング、オートメーション、アレンジが可能

  • パターンに基づくアレンジ、そして、ハードウェア、ソフトウェア、ホスト環境のパーフェクトな統合で、最速のワークフローを提供

  • ステップ・シーケンシング、リアルタイムのレコーディング、ノート・リピート、スライシング、オートマッピングの各機能を備え、直感的なジャム演奏を実現

  • 5GB 以上のインスピレーションあふれるスタジオ級のサウンド、14,000 個以上のサンプルと数100 個のパターンを有し、エレクトロニック、アーバン、ポスト・ロックなどのジャンルに最適

  • 他のハードウェアやソフトウェアをコントロールするための広範なMIDI マッピング

  • キット、インストゥルメント、サンプル、エフェクトのタグ付けが可能なブラウザ

  • 直感的なオートメーション・レコーディング、並びにステップ・オートメーション・エディティング

  • 外部音源、内部音源からサンプリング。スレッショルド検出機能付き

  • VST® / AU ™ / RTAS® のいずれかに対応しているソフトウェア・シーケンサーと動作



2009年春頃の発売予定で価格は669ドル、599ユーロ。国内での価格は未定。

[youtube=https://www.youtube.com/watch?v=QYVQR-YdVJI]

更に詳しい情報はこちらへ。
  • Like
  • Tweet
  • +1
  • Pin it
  • Mail

Viewers of this article also read...