ユーザーレビュー
Price engine
三行広告
フォーラム

ソニー AV アンプ TA-DA5600ES

  • Like
  • Tweet
  • +1
  • Pin it
  • Email

ソニーが、スピーカーリロケーション搭載の AV アンプ新製品『TA-DA5600ES』を 10 月 21 日に発売する旨を発表した。

TA-DA5600ES』は、昨年発売された DA5500ES をベースに、さらなる改良を施した 7ch AV アンプ。

スピーカー再配置技術「スピーカーリロケーション with A.P.M.(オートマティック・フェーズ・マッチング)」を採用しており、A.P.M.技術を進化させることで、スピーカーの設置位置や角度を電子的に修正し、音源を再配置できるとしている。ソニーによれば、この機能を搭載するのは世界初とのことだ。

音源を再配置するには、フロント L/R、サラウンド L/R の最低 4ch のスピーカーが必要となるが、これにより 7.1ch のスピーカーが揃っていない、もしくはスピーカーの角度がずれている環境でも、存在しないスピーカーを生成して 7.1ch の理想的な環境を作り出せるとしている。

再配置する理想のスピーカーの位置と角度は、5.1ch や 7.1ch で収録された映画コンテンツに適した「タイプ A」と、音楽・ライブコンサートなどのコンテンツに適した「タイプ B」から選択可能となっている。

さらに、独自の映画音場技術「HD-D.C.S.(HD デジタル・シネマ・サウンド)フロントハイ」モードを新搭載。フロントスピーカーの上方にフロントハイスピーカーを設置することにより、「広さ」方向に加えて「高さ」方向の表現力を向上し、3D 映画などにふさわしい立体感ある音場を再現するとしている。

価格は 273,000 円(税込)。

詳しくはこちらから:https://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201008/10-0825/

  • Like
  • Tweet
  • +1
  • Pin it
  • Email

Viewers of this article also read...