記事 スタジオ&ホームスタジオ

  • 低予算コンデンサー・マイク TOP 5
    入門記事

    低予算コンデンサー・マイク TOP 5 - 予算 1~3 万で買えるラージ・ダイアフラム・コンデンサー・マイク

    13/11/12

    ヴォーカルのみならず、アコースティック楽器の収音にも適したコンデンサー・マイクはどんなスタジオにも必要不可欠な存在です。今では各社が予算の限られたホームスタジオ向けに低価格なラージ・ダイアフラム FET コンデンサー・マイクを提供しています。今回は、編集部の調査結果を基に、予算 1~3 万円で購入できる優れたラージ・ダイアフラム・コンデンサー・マイクをいく…

  • モニタリング・システムに慣れる方法
    入門記事

    モニタリング・システムに慣れる方法 - 未知のリスニング環境に置かれたら

    13/07/04

    外部スタジオ使用時はもちろん、モニタースピーカーを新調したり、引っ越した場合など、実際にミックス作業を進める前にそのリスニング環境に慣れることは非常に大切です。この重要なステップも下記に挙げる効果的なワークフローに従えばほんの数分で完了します。

  • モニター・スピーカーの設置法
    入門記事

    モニター・スピーカーの設置法 - スタジオ・モニターの置き場所を考える

    13/06/01

    ホームスタジオにおいてモニタリング環境を最適化させるためのヒントをいくつかご紹介しましょう。

  • ダイナミック・マイク TOP 8
    入門記事

    ダイナミック・マイク TOP 8 - 最高のダイナミック・マイクロフォン

    13/05/21

    ドラムやギターといった楽器はもちろん、ヴォーカルの収音用としても頻繁に使用される代表的なダイナミック・マイク 8 種類をご紹介しよう。

  • どのスピーカーを購入すべき?
    入門記事

    どのスピーカーを購入すべき? - モニター・スピーカーの選び方

    13/05/06

    自宅のホームスタジオ用にモニタースピーカーを導入する時がやってきました。でも、一体どれを選べば良いの?すべきことは?せざるべきことは??

  • ポケットサイズのコーラス隊
    Review

    ポケットサイズのコーラス隊 - TC-Helicon『Harmony Singer』詳細レビュー

    13/04/25

    この世のギタリストの半数以上は、ギターを弾きながら歌を歌う。この調査に基づいて TC-Helicon が開発したのが、ギターコードを感知して自動的に最適なハーモニーを生成するコンパクト・ペダル『Harmony Singer』だ。TC-Helicon はこれまでにも類似製品を発表してきたが、今回は一体何が新しいのだろうか。

  • Tannoy の進化
    Review

    Tannoy の進化 - Tannoy Reveal 601a ミニレビュー

    10/12/09

    2010 年初頭、スタジオモニターメーカーとして知られる英国の Tannoy(タンノイ)が、同社のエントリーレベル製品『Reveal』シリーズのフルモデルチェンジを行った。その中で 6.5 インチドライバを搭載したアクティブモニターである『Reveal 601a』をレビューする機会に恵まれた。

  • リボンの帰還
    Review

    リボンの帰還 - ADAM『A8X』詳細レビュー

    10/09/26

    ドイツのオーディオ機器メーカー ADAM AUDIO にとって、フランクフルトで開催される「Musikmesse」で新製品を発表することは、今や毎年恒例の行事となっている。展示会の存在意義はまさにそこにあるわけだが、今年も例に漏れず、同社から最新製品の数々が展示発表された。今回は、すでに包括的な製品レンジを誇る同社の AX シリーズに新たに加わったアクティブ・スタジオモニ…

  • 僕の iPhone はシーケンサー
    Article

    僕の iPhone はシーケンサー - iPhone / iPod Touch 用シーケンサーレポート

    10/02/25

    iPhone を使えば、音楽が録音できるばかりか、音楽の編集および制作作業までもができてしまう。iPhone は、まさにポケットサイズの DAW マシンなのだ。

  • RUPERT NEVE DESIGNS Portico シリーズ レポート
    Review

    RUPERT NEVE DESIGNS Portico シリーズ レポート -

    09/11/26

    ニーヴ。プロフェッショナルなサウンド・エンジニアにとって特別な響きを持つ名前ではないだろうか。1985 年に自らの名を冠した会社と袂を分っても尚、ルパート・ニーヴははんだごてを置くことなく新しいモジュールを創造し続けている。それがこの Portico シリーズだ。