Avid Pro Tools 9
+
Avid Pro Tools 9

Pro Tools 9, シーケンサー全般 from Avid in the Pro Tools series.

public price: ¥606 VAT incl.
Price engine
三行広告
フォーラム

Avid Pro Tools 9

  • Like
  • Tweet
  • +1
  • Pin it
  • Mail

Avid が、同社の次世代オーディオ・ソフトウェア・プラットフォーム最新製品となる『Pro Tools 9』をリリースした。

Pro Tools 9』では、あらゆるオーディオ・ハードウェア・プラットフォームへの対応、そしてすべてのレベルのプラットフォームに対する「主要機能の開放」を成し遂げている。これによって Avid オーディオ・ハードウェア・プラットフォームとの「コンビネーション」でのリリースのみならず、Core Audio/ASIO 対応のすべてのハードウェア(または Mac 内蔵オーディオ)にも対応すべく「ソフトウェア単体」でもリリースされることになっている。

Pro Tools Software バージョン「9」は、ソフトウェア単体でリリースされる「Pro Tools 9」と Pro Tools HD シリーズに同梱される「Pro Tools 9 HD」の 2 種類がリリースされる。

全プラットフォーム共通の追加機能:

ユニバーサル・ハードウェア・プラットフォーム対応

  • 全プラットフォーム共通のインストーラー
  • 新たなPACEコピー・プロテクション・キー

新たなPro Tools Audio Engine

  • Core Audioハードウェア対応(Mac内蔵オーディオ含む)
  • ASIOハードウェア対応
  • 新たなPro Tools Playback Engine設定
    • 使用ハードウェア選択可能
    • Pro Tools Aggregate I/O(Mac内蔵オーディオ用)
    • 自動遅延補正(ADC)設定

新しいPro Toolsハードウェア設定

  • Core Audio及びASIOインターフェイス選択機能
  • Core Audio及びASIOセットアップ・アプリケーション起動コマンド

ミキシング及びレコーディング機能

  • オーディオ・トラック数(下記「Pro Tools 9機能比較表」参照)及びAUXトラック(=160)数、MIDIトラック(=512)数増加
  • 内部バス数増加(=256)
  • シグナル・ルーティングを容易にするNew Track及びSend Outputセレクター・コマンド
  • 可変ステレオ・パン・デプス
  • 7.1及び7.0スタンダードHDサラウンド・フォーマット対応(Pro Tools 9 HDまたはComplete Production Toolkit 2を備えたPro Tools 9が必要です)
  • EUCON対応

インポート及びエクスポート機能

  • 高度なインポート・セッション・データ
  • AAF及びOMCシーケンス・インポート
  • 新しいAAFインポート機能
    • ステレオAAFオーディオ・トラックをインポート可能
    • AAFシーケンスからRTASプラグイン・データをインポート可能
    • Media Composer作成AAFシーケンスからロケーター・データをインポート可能
  • AAF及びOMFシーケンス・エクスポート
  • Mac上でAvid Interplay対応
  • Interplay Accessブラウザーを使いAvid Interplayのデータ・イン/アウトを直接チェック可能
  • MP3エクスポート対応
  • Export Session as Textコマンド対応

Pro Tools LE及びPro Tools M-Poweredユーザーにとっての新機能

  • I/O設定機能強化
    • セッション及びシステム設定
    • アウトプット及びインターナル・ミックス・バス設定
    • ページ毎のI/O設定インポート
    • 重複パス設定
    • セッション交換性の向上
  • 先進的なDigiBase機能追加
    • アドバンス・サーチ機能
    • DigiBaseカタログ
  • 編集機能追加
    • Mix/Editウインドウ内の自動スクロール
    • より先進的なビートディテクティブ機能
      • マルチ・トラック・セパレート機能
      • コレクション・モード
  • 自動遅延補正機能
    • 自動遅延補正選択オプション
    • 自動遅延補正エンジン
    • 遅延補正ビュー・モード
    • 録音中の低レーテンシー・モニタリング
    • Auxインプット・トラック上の自動遅延補正
    • ハードウェア・インサート遅延補正
  • タイムコード/同期機能
    • タイムベース・ルーラー
    • タイムコード・ルーラー
    • セカンダリー・タイムコード・ルーラー
    • フィート+フレーム
    • タイムコード及びフィート+フレーム設定機能
    • タイムコード・ポジション再定義機能
    • フィート+フレーム・ポジション再定義機能
    • Go Toコマンド時のサブ・フレーム使用オプション
    • プルアップ/プルダウン・コマンド
    • オーディオ・レイト・プルアップ/ダウン
    • ビデオ・レイト・プルアップ/ダウン
  • PREコントロール機能対応

プラグイン/ソフトウェア・オプション(別売)

  • Complete Production Toolkit 2
    • 最大192トラック
    • 最高7.1までのサラウンドミキシング機能
    • VCAトラック
    • 先進の編集/ミックス機能
    • 付属プラグイン
      • Neyrinck SoundCode
      • Avid X-Form

詳しくはこちらから:http://blog.avid-jp.com/

  • Like
  • Tweet
  • +1
  • Pin it
  • Mail

Viewers of this article also read...