Audiofanzine すべて

オーディオおよび音楽に関する製品レビューおよび特集記事

  • フェンダーの切り札
    Review

    フェンダーの切り札 - Fender『Black Top』シリーズ詳細レビュー

    11/04/17

    フェンダーが、繰り返される既存モデルの復刻から手を休め、高出力のパッシブピックアップを搭載した最新モデル『Black Top』シリーズを発表した。このシリーズには、同種類のハムバッカー 2 基をマウントしたテレキャスター、ジャガー、そしてストラトキャスターの各モデルをラインナップ。ジャズマスターは、ハムバッカー 1 基(「Hot Vintage Alnico Humbucking Bridge」)…

  • ギターアンプの収音について
    Article

    ギターアンプの収音について - ライブサウンドにおけるマルチチャンネルマイキング

    11/02/22

    ピアノの収音同様、マイクを使ったギターアンプの収音には数多くの方法が存在する。ピアノやドラムでもそうだが、やはりマイク一本ではなかなか最高のギターアンプサウンドは得難い。そのため、我々は複数のマイクを使ってあれやこれやと試さざるを得なくなるだ。

  • サウンドチェック!アコースティックギターの巻
    Article

    サウンドチェック!アコースティックギターの巻 - 27 本のアコギを試奏/録音

    10/12/18

    ギターを選ぶ時、最初はルックスに惹かれても、肝心なのはやっぱり音色・・・。とは言え、整った環境下で色々なギターの音色を耳で確かめられる機会のある人はそれほどいないはず。そこに目をつけた当 AudioFanzine 編集部が、27 本のギターの音色をトップクラスの機材でレコーディングしてみました。

  • 怪物級ワークステーション
    Review

    怪物級ワークステーション - ヤマハ Motif XF ミニレビュー

    10/12/12

    2010 年の大きな驚きの一つ、それはヤマハ『Motif XF』の登場だ。この怪物シンセは、その高品位なサウンドと直感的な操作性でワークステーションの新たな可能性を切り開いた。それではこの『Motif XF』、他の競合製品と比べて一体どれほど「進んで」いるのだろうか?

  • Tannoy の進化
    Review

    Tannoy の進化 - Tannoy Reveal 601a ミニレビュー

    10/12/09

    2010 年初頭、スタジオモニターメーカーとして知られる英国の Tannoy(タンノイ)が、同社のエントリーレベル製品『Reveal』シリーズのフルモデルチェンジを行った。その中で 6.5 インチドライバを搭載したアクティブモニターである『Reveal 601a』をレビューする機会に恵まれた。

  • Pod HD:アンプモデリング最前線
    Review

    Pod HD:アンプモデリング最前線 - Pod HD 詳細レビュー

    10/12/04

    3 年の時を経て遂に最新の POD が登場した。Line 6 が前回発表した『Pod X3』は、『Pod XT』と同じエミュレーションを搭載したモデルだった。がっかりしたギタリストも多かったことだろう。しかし今回の最新モデルは、Line 6 エンジニアたちの奮闘により、なんと 3 種類の異なるペダルボードでの登場となった。編集部はそのフラッグシップモデルとなる『Pod HD 500』を取り上…

  • 気分はスーパーソニック
    Review

    気分はスーパーソニック - Fender『Super-Sonic 22 Combo』詳細レビュー

    10/10/23

    2006 年、フェンダーから「Super-Sonic」と名付けられた 60 ワットのアンプがヘッドとコンボの両バージョンで発表された。そして 2010 年、このアンプの特徴を受け継いだ 22 ワット仕様のコンボが登場した。非常にフェンダー的なクリーンサウンドに加えて、サチュレートしたハイゲイントーンまでが楽しめるアンプだ。今日はこの『Super-Sonic Combo 22』を詳しく見ていくこと…

  • リボンの帰還
    Review

    リボンの帰還 - ADAM『A8X』詳細レビュー

    10/09/26

    ドイツのオーディオ機器メーカー ADAM AUDIO にとって、フランクフルトで開催される「Musikmesse」で新製品を発表することは、今や毎年恒例の行事となっている。展示会の存在意義はまさにそこにあるわけだが、今年も例に漏れず、同社から最新製品の数々が展示発表された。今回は、すでに包括的な製品レンジを誇る同社の AX シリーズに新たに加わったアクティブ・スタジオモニ…

  • 現代版バーチャル・アナログ・シンセ
    Review

    現代版バーチャル・アナログ・シンセ - AKAI『Miniak』詳細レビュー

    10/08/22

    Alesis ブランドの立て直し後、Numark 社は一連のシンセ/ドラムマシン製品の命運を Akai に託したようだ。この『Miniak』は Akai 名義による最初の「現代的な」 シンセ製品となる。

  • オーディオ・マスタリング
    Article

    オーディオ・マスタリング - よくある質問トップ 10

    10/07/11

    The Mastering House のトム・ヴォルピチェリ氏が、マスタリングに関するよくある質問トップ 10 に回答してくれた。