アンプシミュレーター
Software simulators アンプシミュレーター

無償ギターアンプ・シミュレータ調査結果

無償バーチャル・ギターアンプ TOP 8

  • Like
  • Tweet
  • +1
  • Pin it

この調査には 813 人の読者が参加し、各人がお気に入りの無料ギターアンプ・シミュレータに投票しました。その結果とは・・・

あなたのお気に入りのギターアンプ・シミュレータを投票!

LePou

LePou HyBrit

疑いの余地なく最も人気があったのが LePou。数年前からギターアンプのシミュレーション・プラグインを開発しているブランドです。Windows と OS X の両プラットフォームに対応しており、32/64-bit VST および Audio Unit バージョンで提供されています。入手可能なモデルは、Marshall (HyBrit)、Mesa Boogie (LeCto) そして ENGL (Le456) の各シミュレータで、他にもオリジナル・アンプ LeGion を用意。さらに、コンボリューション技術(インパルス応答)を用いたスピーカー/マイク・シミュレータ LeCab もあります。まだ LePou プラグインを試したことがなければ、今すぐチェック!

Native Instruments Guitar Rig 5 Player

次点となったのは、ドイツのメーカー Native Instruments による Guitar Rig の無償版です。この「Player」バージョンに含まれているのは、マーシャルをシミュレートしたアンプ「Jump」と対応キャビネットのみです。エフェクターとして、2 種類のディレイ、Tube Screamer のシミュレーション、ボリューム・ペダル、リミッター、ノイズゲート/ノイズ・リダクション、コンプ、2 種類の EQ、フィルタ、コーラス/フランジャー、そしてリバーブが搭載されています。他にもスタジオツールとして LFO、ステップシーケンサなども用意されています。このプラグインは VST/AU/AAX/RTAS 形式で、Windows と OS X に対応しています。

IK Multimedia Amplitube 3 Custom Shop

IK Multimedia AmpliTube Custom Shop

第三位は、「Custom Shop」と呼ばれる Amplitude 3 の無償版で、収録済みの 24 種類のエフェクトやアンプ・モデルに加えて、お気に入りのバーチャル・ギアを追加購入することができます。一銭も払うことなく、9 種類のエフェクター、4 種類のアンプ、5 種類のキャビネット、3 種類のマイク、そして 2 種類のエフェクトラックが手に入ります。好みに応じてその他のアンプ・モデルやエフェクターを自由に加えていくことが可能です。RTAS/VST/AU 形式で 64-bit Windows および OS X に対応しています。

Line 6 Pod Farm free

Line 6 による Pod Farm の無償版が上位に食い込んだことを不思議がる人はいないでしょう。2 種類のギターアンプ(JCM-800 および Fender Deluxe Reverb)、2 種類のキャビネット(4x12 Marshall および 1x12 Fender)、2 種類のベースアンプ(Ampeg SVT および B-15A)、 2 種類のベースキャビネット(4x10 Hartke および 1x15 Ampeg)、13 種類のエフェクター(LA2A、クライベイビー、デジタル・ディレイ、Cavernous リバーブなど)、2 種類のマイクプリ(API および SSL)、そしてデュアル・トーンと A/B/Y ボックスが搭載されています。

TSE X30 / X50

TSE X50

TSE Audio はフリーウェアで有名なメーカーで、同社のアンプシミュレータ X30 と X50 はユーザーからも高く支持されているようです。X50 は、メタルに特化した「有名なアメリカ製アンプ」のトーンを再現したもので、X30 は、ドイツ製のハイゲイン・プリアンプをシミュレートしたものです。OS X に対応していないのが唯一残念な点ですが、Windows と OS X に対応した無償のディストーション・ペダルが用意されています。

SimulAnalog Guitar Suite

SimulAnalog は、ギタリストに有名な各エフェクターをシミュレートしたプラグインを開発しています: Boss DS-1SD-1 および Tube ScreamerOberheim PS-1 フェイザー、Univox ユニヴァイブ、そして 2 種類のアンプ('69 Fender Twin、および Marshall JCM900 Dual Reverb)。惜しむらくは、Windows 用 VST 形式のみという点でしょう。

Voxengo Boogex

Voxengo Boogex

Boogex は外観の素晴らしいプラグインではありませんが、その優れたサウンドを理由に投票したユーザーがいます。このプラグインでは、信号をアンプ前段で EQ することができるため、使用する楽器によっては非常に便利かも知れません。トーン、ドライブ、ダイナミクス、フェイズコントロールと包括的な機能が用意されており、開発者によれば、これによってより幅広いレンジのオーバードライブ効果を得ることができるそうです。Boogex には独自のインパルス反応が用意されていますが、各自でキャビネット/マイク・セクションに好みのインパルス・ファイルをロードすることもできます。

Ignite NRR-1 / The Anvil

NRR-1 は 3 チャンネルのチューブ・アンプ・シミュレータです。VST/AU 形式で Windows と OS X に 32/64-bit で対応。The Anvil はアンディ・ツォイク氏が開発したもので、チューブ・アンプのシミュレーションも用意されています。

その他 7% の読者が DAW 内蔵のアンプ・シミュレータを使用し、残り 7% の読者は上記以外のソフトを使用しているようです。

各メーカーへのリンクはフォーラム内に用意されています。

コメントを投稿する
コメントを投稿する
  • Like
  • Tweet
  • +1
  • Pin it