Novation Nocturn
+
Novation Nocturn

Nocturn, Other MIDI Control Surface from Novation in the Nocturn series.

ユーザーレビュー
Price engine
三行広告
  • フォントサイズの変更
  • 削除する

Novation Nocturn 詳細レビュー

  • Like
  • Tweet
  • +1
  • Pin it
  • Mail

NovationはキーボードやMIDIコントローラー、シンセサイザー等ハードウェアでもソフトウェアでもその高いクオリティで知られるブランドだ。同社のコントローラー製品の新顔であり、オートマップ機能を安価に提供するNocturnはブランドの評価を更に高めることになるだろうか? その辺を中心に見て行こう。

Will Zégal 2008/10/08

Novation Nocturnをテストする

NovationはキーボードやMIDIコントローラー、シンセサイザー等ハードウェアでもソフトウェアでもその高いクオリティで知られるブランドだ。同社のコントローラー製品の新顔であり、オートマップ機能を安価に提供するNocturnはブランドの評価を更に高めることになるだろうか? その辺を中心に見て行こう。
Nocturn
近年、ユーザーがコントロールサーフェスを使う際に膨大なセッティングで奮闘しなくて済むようにと、複数のメーカーが注力してきた。今やすっかりスタンダードになった感のあるMIDIラーンに始まり、何社かはソフトウェア・セッティングとコントロールを自動的にコントロールサーフェスに割り当てるようなシステムの開発に挑戦した。中でも代表的なのがSonarおよびProject5に実装されているCakewalkのACT (Active Control Technology)、そしてNovationが提唱するオートマップだ。多様なパラメーターが自動的にハードウェア・コントローラーの各種コントロールに割り当てられる。Nocturnはこのシステムをベースにしているが、従来式のMIDIコントローラーとしても機能する。

ハードウェア

Nocturnの筐体は小さく、混雑しがちなホームスタジオに於いてわずかなスペースしかとらない。更に接続は本体の左側(かしこい!)にあるUSBのみで、容易に他のコントローラーやキーボードを繋ぐことができる。その小さなサイズのわりには重さがあり、しっかりした造りという印象を受ける。特に底面の2つの大きな滑り止めパッドによって安定感は抜群だ。ひとたび設置すればずれることもない。重量はケース入りCD 5〜6枚程度なので持ち運びにも便利だ。 あまり厚みのない本体は奥の方がやや厚く、わずかにユーザーの方に向かって傾斜している。 コントロール:
  • 赤または緑のLED付きの16のラバー・ボタン
  • 約6センチのストロークを持つクロスフェーダー
  • 周囲にLEDを配した9個のエンドレスつまみ
Nocturn+bcr Nocturnの感じの良い外観と省スペース性
持ち運びの際、ラバー・ボタンに関しては心配要らないかわりにフェーダーとつまみ類は保護する必要がある。Nocturnは高級品と入門機という相反する印象を同時に与える不思議なデバイスだ。 良い面は、ブラックが基調のかっこいい外観、落ち着きのあるデザイン、エレガントなコントロールの配置(おかげでとても読み易い)そして明るさがほど良く調整されたLEDが挙げられる。基本的に魅力のある製品だと言える。 ネガティブな点は、つまみの安っぽさ。いくつかはかなりあそびがある。それはプラスチック製なのにもかかわらずタッチセンス付きであるためなのかもしれない。なので接点を確保するためにあそびがあるのだと思うが、やや安っぽく感じられることと、つまみによってあそびにバラつきがあることは奇妙だと言わざるを得ない。しかも長期に渡り使用した後つまみがどのようになるか心配だ。クロスフェーダーのあそびは最もひどい。 この欠点にもかかわらず、トータルで見た場合の印象はかなり良い。

使用感

オートマップ エフェクトつまみを表示するFXブラウザー・ウィンドウ。つまみにさわるだけでそのエフェクトをコントロールできる。この割当は毎回変わってしまうのが残念だ。現在のエフェクト・セッティングが最初のつまみになるので、毎回ウィンドウを開かなくてはならない。
好印象は使っていくと更に強まる。非常に正確な調整をしようとする場合を除いては、つまみのあそびも気にならなくなっていくだろう。つまみはツメなし(スピードダイヤルは例外)なのだが、いくつかは微妙にカクカクしており回し心地が良くない (操作結果には影響しないが)。驚くのは全てのつまみが同様という訳ではないことだ。こういうところが低価格の影響なのだろう。ただ実際に使用してみるとこれら全てにかかわらず、操作するのが楽しい。 程良い堅さのクロスフェーダーもスムースで良い感じだ。はっきりさせておこう。このデバイスは従来のDJ用途には向いていないことは明らかなようだ。時々友人達と曲をミキシングするくらいなら問題ないが。どちらにせよ水平フェーダーにはバーチャル・インストゥルメントやエフェクトのコントロールを含む他の用途が向く。そもそもNocturnはそのためにデザインされているのだから。 というわけでハードウェアの印象は総じて良い。製品のコンセプトや外観の面からも、Nocturnは魅力的でいじくりまわしたいという気にさせる。

インストール

パッケージにはNocturn本体、USBケーブル、FocusriteおよびNovation製品の広告、4ページのクイックスタートガイド、そしてインストールCDが含まれている。驚いたことに、筆者のインストールCDは…空っぽだった。あまり多くの人がこの間違いに遭遇していなければいいのだが。もっとも実際はたいした問題ではない。単にメーカーのサイトへ行ってソフトウェアとドライバーをダウンロードすればいいだけだ。ある意味これはサイトをチェックさせるよいアイディアなのかもしれない。サイトには良くできたチュートリアル・ビデオもある。取扱説明書はとても明快だ。残念ながら取説のバージョンはやや遅れているようだが、特に問題はない。

どのように動作するのか?

Menu
通常、コントローラーはMIDIを介してソフトウェアと直接情報をやりとりするが、オートマップでは両者の間にソフトウェアが加わる。これは様々な付加機能をもたらす。まずアクティブなソフトウェアの自動認識。例えばプラグインをクリックしてコントロールできるようにしてみよう。そのアプリケーションに関するセッティングは、コントローラーのプリセットやテンプレートを変更する必要なく保存され呼び出される。 オートマップの他の利点は、前述した通りソフトウェアのコントロールをNocturnのコントローラーに自動的に割り当てる点だ。しかしこの「利点」は理論上のものだ。割り当てがランダムらしく、筆者が試した全てのプラグインはデフォルトの状態では割り当てが適切でなかったりしてそのままでは使えなかった。従って全部手作業で割り当てる必要があるが、パターン学習機能のおかげで非常に簡単に素早く行える。学習モードではつまみに触るだけで最後に使用したパラメーターか、またはスクリーンでハイライトされているコントロールに割り当てられるので、まさにタッチセンスつまみの面目躍如といったところだ。 実際のところ、何よりも時間がかかるのはどうしたらコントロールを最も論理的で実用的に割り当てられるか考えることだろう。特にNocturnにはスクリーンがないため、オートマップ・ウィンドウのみが割り当てを表示する手段だ。なのでただでさえ混雑したスクリーンにもうひとつウィンドウが増えることになる。幸いにもこのウィンドウはNocturnの専用ボタンから容易に表示させたり隠したりできる。透明度とサイズを調節でき、情報量も「全て表示」「コントロールのみ」「選択したコントロールのみ」という風に選べる。このウィンドウをマウスによって透明にすることができないのは残念だ。それができればこのウィンドウを全く気にすることなく操作ができたのだが。もしかしたら将来のソフトウェア・バージョンアップで解決されるだろうか。とはいえ、最終的には必要不可欠というほどのものではない。 ところでオートマップの正式名称は『Automap Universal』というのだが、これはちょっと誤った表現かもしれない。なぜならオートマップは現時点ではまだ『ユニバーサル』にはほど遠い。

ソフトウェアとオートマップ

Plugin manager プラグインを認識させるのは簡単だ。VSTに限られている(Windowsの場合)点は残念。
ソフトウェアを『自動割り当て』するためには先ず『プラグイン・マネージャー』を起動してプラグイン・フォルダをスキャンさせる必要がある。だが『ユニバーサル』なオートマップはプラグインのみ、より具体的に言うとVSTフォーマットのプラグインだけに適用される。オーケー、VSTのプラグインは数が多い。けれども中にはスタンドアローン・バージョンもたくさんあるしDXフォーマット(そう、まだ結構ある)のプラグイン、それにシーケンサーの組み込みプラグイン(Sonar ProducerではSonitus Suiteは考慮されていない)もある。その他『自動割り当て』が効かないMagix StudioやMusic Maker等の小さなプログラムについても考えさせられる。残念なのは、このように小さくて高価でないコントローラーはそういったタイプのソフトウェアのユーザーにこそアピールすると思うからだ。シーケンサーに関して言えば、4大マーケット・リーダーであるCubase、Sonar、Logic、Live(そしてNovationから出るソフトウェア)のミキシング・コントロールが可能だ。コントロールは比較的限られているが、必要不可欠なものはちゃんとカバーしている。例えばSonarではボリューム、パン、ミュート、ソロ、レコード・レディ、AUXセンド、そしてセンドレベルをコントロールできる。もしも大きなプロジェクトをNocturnでミックスしようと望んでいるなら考え直した方がいい。6〜8トラックがせいぜいだろう。それ以上だと混乱する。それでも、そういったミックスをコントロールサーフェスなしでやるよりはかなり便利だが。マウスだけでゲインを調節するよりは遥かに快適だし能率的だ。しかしそれでもMackieコントロール・モードのBehringer BCFほど能率的ではない。Nocturnには特にトランスポートバー・コントロールが欠けているのだ。 とはいえことプラグインのコントロールに関してはNocturnは輝きを放つ。シンセでもエフェクトでも、使用は快適かつスムース。アクティブなプラグインをコントロールするというだけでなく、前に操作した他のモジュールをNocturnから簡単にナビゲートできる専用ボタンもある。コントロールされたエレメントはタイプによりバンク(『user』『fx』『inst』『mixer』)に割り振られ、少しの操作でいつでも呼び出せる。

結論

オートマップ『ユニバーサル』はやや誇張気味であるにしても、Nocturnはサイズと価格の割には実用的な可能性を提供してくれる。何よりも先ず、使うことそのものが楽しいのだ。まぁ音楽のこととなれば何でも楽しいものだが。もし欠点を(特にユニバーサルでないことを)理解した上でなら、コントローラーを持っていない人や、スタジオやモバイル・セットアップで使用できるエレガントでユーザーフレンドリーな追加のコントローラーを探している人にとって良い買い物だ。満足な結果をもたらすだろう。
  • 外観
  • 快適な操作
  • インストールが簡単でユーザーフレンドリー
  • 安定性と能率
  • 小ささ
  • Novationサイトのチュートリアル・ビデオ
  • 『ユニバーサル』でないオートマップ
  • USBのみ(コンピューターでしか使えない)
  • やや安っぽい部分がある
  • ディスプレイにもうひとつウィンドウを開く必要がある